家計簿 月末の反省
家計簿で快適節約暮し>月末の反省

月末の反省・・・これがまためんどいんですよね〜。でも家計簿をがんばる以上はさけて通れません。


反省しないと次に進めませんので・・・。少しでも良くなるように改善していきましょう。

月末の反省

さあ〜ようやく1ヶ月が終わりました♪でもそれで安心してはダメですよ。それで安心してしまったら、せっかくの家計簿が台無しです・・・。




いよいよやってきた反省タイム!!ここが重要です。先月の予算と実績をよく見比べてみましょう。色んなことが見えてきますよね。




予算どおり、もしくは予算以内で終わった方は、『おめでとうございます♪』我が家では、細かい余ったお金はお菓子とかに化けて、自分たちへのご褒美としています♪




赤字になった方は、何が原因か見つけておかないといけません。突発的なもの「イベント、急な家でのパーティーとか?」であれば仕方ないですし、来月は問題ないと思います。




ただしあまり原因が無くまんべんなくやられている場合は、これは注意が必要です。予算の見直しから、考え方までやり直す必要ありです。




ただし、浪費する癖がついちゃってる場合は、修正するのに時間がかかります。その場合は、一気に使う額を減らすのではなく、少しずつ減らして慣らしてくださいね。慣れるのが優先です!!




家の場合は、パパも交えて反省会をします。なぜなら、パパにも現状を把握してもらうためです。一緒に協力してもらうためにも必要ですよ♪




パパ『家のことも少しは知らんとやってけんで〜。二人で協力せんと、えー家庭はできんので。会社でいくら仕事できても家が赤字なんでは意味ないやろ。』




我が家はいつもこんな感じで協力体制をとっています。お互いが同じように考えて、同じように行動できる家族を作っちゃいましょう。家計簿をつけて節約生活するには家族の協力が不可欠ですからね♪




さて、少し話がそれましたが、月末の反省を踏まえて、来月の予算を考えなくてはいけません。それには・・・




     →来月の家計簿の予算組みへどうぞ

家計簿を使った節約暮し


家計簿を始める前に
家計簿の考え方って?
予算の立て方
口座の管理
袋分けの強み
家計簿を長く続けるには
特別費の考え方
プール金で備える
家計簿の具体的な流れ
まずは給料の確認
固定費の振り分け
流動費の振り分け
月末の反省
来月の家計簿の予算組み


家計簿で快適節約暮し