家計簿の考え方
家計簿で快適節約暮し>家計簿の考え方って?

まずは家計簿について考えてみたいと思います。しかし、家計簿ってめんどくさいですよね〜・・・。できる事なら私もつけないで暮したいです・・・。


でも、やりくりするには絶対必要なんですよ〜。しかたないんで、ここは開き直って頑張っちゃいましょう!!

家計簿の考え方って?

皆さんのお宅では家計簿をつけて節約暮しをしていますか?大変そうで嫌だな〜と思う方はたくさんいると思います。もちろん私も嫌でした(笑)なんで家に帰ってまで、家計簿せにゃならんの?って(笑)




でも家計簿は暮しを見直すためには必須のアイテムです。家計簿で暮しを見直す為に、大変ですがぜひ挑戦してくださいね。私もなんとか続けてます。




まず、家計簿をつける事によって、自分たちの支出をしっかりと把握できるようになります。どこで浪費しているかチェックできるんですね。




収入は把握できているのに(毎月あんまり変わんないですし・・・)支出はまったくノータッチでは、お金はどんどん垂れ流しになっちゃいます。




旦那の給料がなかなか上がらない今『パパ:がんばっとんやけど、上がらんのじゃ〜!!』、ママたちがしっかりと管理して、給料を残す必要がありますよね。




そのためにも、まずは家計簿をつける癖をつけましょう。慣れれば、できるようになっちゃいます。私の場合は、レシートをしっかりと取っておいて、3日まとめてつけるって感じです。・・・めんどくさいので(笑)




『パパ:パパも気がつけば、買い物のたびにレシートもらう癖がついてしもうた・・・。恐るべしママのすり込み教育。だってレシート無いとお金くれんもん・・』




↑パパの教育も必要ですよ♪引き続いて、予算の立て方を考えてみましょう。




   →予算の立て方へ

家計簿を使った節約暮し


家計簿を始める前に
家計簿の考え方って?
予算の立て方
口座の管理
袋分けの強み
家計簿を長く続けるには
特別費の考え方
プール金で備える
家計簿の具体的な流れ
まずは給料の確認
固定費の振り分け
流動費の振り分け
月末の反省
来月の家計簿の予算組み


家計簿で快適節約暮し