家計簿の具体的な流れ
家計簿で快適節約暮し>家計簿の具体的な流れ

家計簿の具体的な流れは、給料日までに予算をしっかりと決めておくことです。


この時点で、家計簿の予算が決定していないと、なあなあの出費が増えると思います。


予定はしっかりとですね♪

家計簿の具体的な流れ

さて、今月もとうとう給料日がやってまいりました♪ここからがまた戦いの始まりです。様々な給料日作業をまずはこなしてください。




家計簿の具体的な流れとして、まずは予算を立てておくことです。これは、給料日前までに終了しておいて下さい。先月の結果を見ながら、今月はどこをどうしようかな〜なんて感じですね。




ここまでで、予算を決めてないと、恐らく「なあなあ」の1ヶ月になっちゃいます。後でしようって思っていると、なかなかできないですよねぇ。その間にもお金は出て行ってしまいます・・・。家も昔はそれで1月適当にすごしたなんて経験がありますんでご注意を。



そして決まった予算をしっかりとメモして、どこの口座にいくら入れておくか、専用のメモを作っておきます。これはいざATMの前に行くときには必須ですよ。そこでバタバタしたら、後ろの方にご迷惑をおかけすることになります・・・。




メモを作っておくと、いざという時に、パパにやってもらうこともできますよ♪




パパ『メモないと、なんちゃ分からん!!ちゃんと計算しとってな。ほかのパパさん達も、ちょっとしたお手伝いできるで。ただし!!誘惑に負けて使うたらあかんで!?家かえって殺されるんぞ!』




・・・はい、必殺です(笑)。って感じで、仕分けするための準備をきちんと行っておくことが大事ですよ。間違っても、その場で増やしたり減らしたりしないようにね。予定どおりの行動を取るってことで♪




続いては、実際の給料の確認ですね。固定給の方ならまずは問題ないですがね。パートの方は・・・




     →まずは給料の確認へ

家計簿を使った節約暮し


家計簿を始める前に
家計簿の考え方って?
予算の立て方
口座の管理
袋分けの強み
家計簿を長く続けるには
特別費の考え方
プール金で備える
家計簿の具体的な流れ
まずは給料の確認
固定費の振り分け
流動費の振り分け
月末の反省
来月の家計簿の予算組み


家計簿で快適節約暮し