口座の管理
家計簿で快適節約暮し>口座の管理

口座の使い方は人それぞれですが、我が家では2人分×2つの通帳で管理中です。


簡単にする節約家のかたもいますが、我が家は費用別に考えています。慣れればここにいくらとか分かりますし、念のため紙にも書いてますしね。

口座の管理

我が家の口座管理は・・・独特ですかね〜。まずは簡単に毎月引き落としされるものは、パパの給与通帳にまとめます。そしてうちの会社は10日が給料日なんで、その日に一定額(今は少し余裕をみて6万円)以外は、すべて引き落とし。




そしてパパ通帳の貯蓄口座に費用の2項目分の年払いのものを貯めています。今は車検代とちびの学資保険代です。きちんと分かるように1番最初のページに項目と入れる金額を書き込んじゃってます(笑)かっこ悪いけど・・・。




ママのも同じような感じでやって、普通口座と貯蓄口座で分けてます。毎月の貯金は、すべてママの郵貯の普通口座に入れてます。食費など現金で必要なもの以外(つまりは余ったお金)は郵貯行きです。よけいなお金は持ち歩かない!!




ここではて?と思った方は素晴らしいですね☆我が家では年払いの『生命保険・学資保険など』はもちろんのこと、必ず必要な『車検代・車の任意保険代・税金』なども月々の予算に入ってます。しかも分かるように通帳で分けてます。




口座で費用別に分けることによって、めんどくさいかもしれませんが、1年を通じて必要な金額を確実に確保して、なおかつ郵貯のお金は純粋に増えた貯金って分かるんです。




1つの通帳に全部まとめておいたら、『はたして貯金なのか、必要経費なのか分かんない』んですよね。増えたり減ったりしますし。減るのは悲しいんで・・・。




パパ『分けるんがめんどっちいけど、今いくら貯まってるのか分かるから便利やね。いちいち計算せんでもすぐ分かるし♪年払いのものや必要な所をリストに出して、通帳に書き込むのが一番分かるよ。振り込む金額も一緒にね(笑)』




もちろん1つにまとめておいて、その都度通帳に『何費の引き落とし』って書くのもいいですが、せっかく年払いでお得になった費用が、一度に引かれると・・・なんか悲しくないですか?増えてたのに・・・って感じで。




うちの場合は、郵貯以外のものは『使うべき費用』として考えていますので、貯金の計算に入れてません。




このように、ちょっと手間をかけて分けることによって、確実に家の貯蓄額(年間必要経費を差し引いたもの)を把握しています。続いて、おろしたお金を袋分けにしていきましょう。




     →袋分けの強みへ

家計簿を使った節約暮し


家計簿を始める前に
家計簿の考え方って?
予算の立て方
口座の管理
袋分けの強み
家計簿を長く続けるには
特別費の考え方
プール金で備える
家計簿の具体的な流れ
まずは給料の確認
固定費の振り分け
流動費の振り分け
月末の反省
来月の家計簿の予算組み


家計簿で快適節約暮し