家計簿 プール金
家計簿で快適節約暮し>プール金で備える

家計簿で快適な節約暮しをお勧めしています。ここではプール金について考えたいと思います。


プール金は年間を通じて家計簿を行う際に非常に重要です。プール金は家計簿を安定させるのに役立ってます♪

プール金で備える

プール金っていうのはその名の通りプールしていくお金のことです・・・。分かりにくいですね。まあ使っても使わなくても、毎月定額貯めて、貯金箱や通帳に入れていくお金のことですね。




我が家の代表はまず『被服費』。家のパパは、なんせ服をほとんど買わないんです・・・。出会ったころの若さがナイぞ!!パンツも靴下も破れるまで使ってマス。っていうわけで、季節の変わり目には、ママの分も合わせて買うので、毎月は必要ありません。




でも、その時だけ被服費がドンっと上がるのは避けたい・・・。赤字は嫌!!なんでプール金で積み立てています。毎月決まった出費にしておいて、実際はいるときに貯金箱から出すようにしてます。




続いて『慶弔費』。これはいつあるか分かりません・・・。しかも知り合いの多い2人にはいきなり被ると辛いんで、通帳にてプール中♪急な出費にも計画的に対抗します。




引き続き『雑費』。これは交際費「会社での飲み会イベント」も含むんですが、新入社員の入社時期にはダメージ大!!部下の悩み相談もこれまたダメージ大!!二人とも部下がいますんで、これも計画的に対抗を。




さらには『車検代・車保険や税金、生命保険』。これは1年もしくは2年サイクルで絶対に訪れるイベントです。ですから、車に詳しいパパちゃんの捻出した計算に基づいて、毎月積み立てしてます。車はオイル交換代や万一の修理代も含んでまして、我が家に安全・安心を提供しております♪




パパ『これ見たら、ぶっちゃけ、いるもんのお金は毎月から計画して用意しとけってことやな?いる時になって慌てても遅いっちゅうこっちゃ。ボーナスに触らん我が家の秘密やな!?恐ろしい嫁さんじゃ。』




・・・ああ!?なんか言うた!?・・・オホン、パパは後で裏に呼び出すとして、つまりはそういう事ですね☆予測される出費には計画的に対応しましょう。そのためのプール金です。ただし、毎月の生活費が黒字になってから始めてください。先々ばかりの予算で、今が赤字では意味ないですもんね。




これができれば、かなり安定した家計簿での生活が出来るようになります。全然プール金を使わないようなら、貯金してもいいですしね♪




ここまでいろんな説明をしましたが、引き続き、具体的に家計簿の流れを我が家の例に沿って紹介しますね。実際に給料日には色んなことをしています。それは・・・




     →家計簿の具体的な流れへどうぞ

家計簿を使った節約暮し


家計簿を始める前に
家計簿の考え方って?
予算の立て方
口座の管理
袋分けの強み
家計簿を長く続けるには
特別費の考え方
プール金で備える
家計簿の具体的な流れ
まずは給料の確認
固定費の振り分け
流動費の振り分け
月末の反省
来月の家計簿の予算組み


家計簿で快適節約暮し