家計簿 流動費
家計簿で快適節約暮し>流動費の振り分け

流動費はその名の通り毎月出費が変わるもの。引き落としのものと毎月の現金での予算がありますね。


引き落としの際は、口座をある程度まとめておく事が必要です。なんせ・・・めんどくさいからです(笑)

流動費の振り分け

流動費は引き落としのものは、代表が『光熱費』ですね。あとは携帯電話等の『通信費』でしょうか。




引き落としのものに関してですが、できるだけ1つにまとめておきましょう。あっちやこっちやになると、振り分けがめんどくさいですよね。




あらかじめだいたいの引き落とし合計金額を予算で考えておいて、それに+αで入金しておくのがいいと思います。家は、パパの給料口座が引き落とし達の居場所なんで、決まった額を残して後は引き出すようにしています。




常に同じぐらいの金額を通帳に残すだけで完了ですので、楽ですよ♪ただし、ぎりぎりにし過ぎないように。残高不足で引き落とし出来なくなるんでね。パパに昔激怒された経験アリ・・・。




その他の「食費」「生活雑貨」「育児」「被服」「保育代」「交際費」「ガソリン」「医療費」など、現金で持つものは、1,000円札に両替して、お持ち帰りです。




そこで固定費にも袋分け用の流動費にも入らないものは『貯金♪』ってやつです。先取りとして、貯金口座に入れておきます。これが嬉しいんですよね♪




パパ『先取りはいいんやけど、急にお金のいるときはどうすんの?銀行は夜中閉まってるやんか?』




ママ『そう言うと思って、そんな時のために、我が家には「数万円のキャッシュ」が家にあります。これは緊急時にお互いの了承を得て、初めて使えるお金です。減った分は、貯金からバックして一定額に戻すので、実はかなり使いたくない!!ものです。』




ですが、実際に生活していると、どうしても銀行に行けなかったり、いろんな理由で必要なんですよね。昔は我が家にもその制度がなくって、えらい困った事がありました・・・。




ですのでその辺りも考えて、お金を持ちすぎず、持たなさすぎずでやってみて下さいね。まあ99%の出費は袋分けからしか使わないんで、我が家は。




そういった感じで、きちんと振り分けが終われば、さあ1ヶ月の戦いの始まりです。ガツガツしすぎずに、ゆったりと家計簿をつけながら、節約暮しを送ってください。




・・・なんとか1月家計簿をつけきりました。でもそこで終わりじゃないですよね?ここが大切なんですよ。先月の家計簿を見て・・・




     →月末の反省へどうぞ

家計簿を使った節約暮し


家計簿を始める前に
家計簿の考え方って?
予算の立て方
口座の管理
袋分けの強み
家計簿を長く続けるには
特別費の考え方
プール金で備える
家計簿の具体的な流れ
まずは給料の確認
固定費の振り分け
流動費の振り分け
月末の反省
来月の家計簿の予算組み


家計簿で快適節約暮し