魚を選ぶポイント
家計簿で快適節約暮し>魚を選ぶポイント

はなかなか見た目に選ぶのが難しいですよね。同じように見えても、良し悪しはかなりあります・・・。


パパに頼んで、魚の見方を聞いてきました。少しは参考になればいいんですけど・・・。

魚を選ぶポイント




みなさんもお使いの『魚』ですが選び方って非常に難しいですよね。とりあえず取引先のスーパーの鮮魚担当さんにガッツリ聞いてみました。


少しは皆さんの魚選びの参考になればと思います。知ってる方も多いかと思いますので、おさらい程度でも見てください。







本日のメニュー
新鮮な魚が買えるスーパーって?
品揃えのいい時間帯って?
一尾買いと切り身買いのどちらがお得?
一尾買いの魚の鮮度は?
刺身の選び方は?
パック入りの魚はどこを見る?
解凍物と生の魚って?









新鮮な魚が買えるスーパーって?


お店の選び方ですが、できるだけ客の回転が良く、品揃えの豊富なとこがいいです。客のよく集まる回転の良いスーパーはそれに合わせてマメに仕入れを行っていて、いい物が手に入りやすいです。


売れないスーパーは売れ残りのないように魚自体の量も少ないです(鮮魚は売れないと廃棄の可能性ありですから)




 ↑TOPへ戻る↑





品揃えのいい時間帯って?


魚を買うのなら、正午過ぎぐらいがベストです。朝に仕入れた魚は午前中にパック詰めされて、午後一番に店頭に並べられます。この時間帯がもっとも品揃えのいい時間です。これはスーパーのバイヤーさんも言ってましたよ。


夕方はまだ魚も結構ありますし、夕方用も出ますが、混み合うのでじっくりと魚を見極めることができません。





 ↑TOPへ戻る↑





一尾買いと切り身買いのどちらがお得?


経済的な面で言えば、もちろん一尾買いがお得です。部位によっていろんな食べ方もできますしね。しかし、「さばけるかい!!」って言葉が聞こえてきます。そうなんです、さばくのが手間がかかる上に、計画的に料理しないと無駄が出てしまいます。


かなり料理が得意な奥様で、レパートリーの多い大家族の家庭(いるのかな?)以外は切り身がお勧めです。ここはきっぱりと割り切るべきですね。




 ↑TOPへ戻る↑





一尾買いの魚の鮮度は?


どうしても「一尾買い」って言う人のために鮮度の見方。鮮度を見る際は、胸ヒレのあたりを軽く叩いてみてください。叩くとヒレがピンと立ち上がるものは新鮮な魚です。


これは、魚は獲られてからしばらくの間、死後硬直が起こり、体全体が硬くなります。釣りをしている人はご存知ですよね。ヒレが立ち上がるのは、その魚が硬直中である証拠です。


余談ですが、パパのお父さんは漁師の息子なんで詳しいんです。漁師の中では、まあ当たり前の話ですね。




 ↑TOPへ戻る↑





刺身の選び方は?


切り身で売られている刺身はすぐ食べれて非常に便利!!なんですが、切り身になった刺身はとっても痛みやすいんです。ちょっと科学的に言うと、魚は表面積の大きい方が酸化しやすく鮮度が落ちやすいんです(えらそうに言うなよ!!)


この点、サクと呼ばれるブロック状の物を買うほうが安心です。新鮮なものを食べたいなら、サクで買って、食べる前に切り分ける方をお勧めします。


・・・しかし、どうしても「切り身!!」っていう方にもひとつ。刺身の盛り合わせは中身に注目してください。まあいわゆる「旬の魚」が一品でも入っているかどうかです。入っていれば買いでいいかも。


逆にタコやイカは・・・仕入れ安いんですよね。損かな?って思います。もちろん「タコ・イカ命」の方は・・・買ってください。スイマセン。




 ↑TOPへ戻る↑





パック入りの魚はどこを見る?


これはみなさんも良くご存知かと思いますが、解凍物の刺身や鮮度の落ちた切り身の場合、ドリップがたまりますよね。ドリップの出た魚は、うまみがぬけておいしくないです。


でもスーパーさんも考えていて、最近はドリップが分かりにくいように、底に吸水シートを敷いているケースも多いです。まあ、売るための苦肉の策とは言ってましたが・・・。マグロなどはシートが薄い赤に染まっているものは避けましょうね。




 ↑TOPへ戻る↑





解凍物と生の魚って?


一応解凍物は表示義務があります。しかし残りがすべて生とは言えないんですね。見分けるコツは、「目を見る事」ですかね。


目に透明感のある物、身に弾力性とツヤのある物は生ですね。解凍物はウロコの光が鈍く、目がどんよりと濁っていることが多いです。


ですが、これは慣れが必要かと思います。正直、なかなか分かりにくいですよね。我が家は生の魚を見る機会に恵まれていたので、運良く頭にインプットされてるみたいです・・・。できるだけ、信用できる店の生の魚の目を見て覚えるしかないです・・・。




 ↑TOPへ戻る↑





魚の良し悪しは生ものである以上非常に重要です。できるだけ新鮮な魚を選びましょう。あと必要なのは、安心できる魚かどうかです。安心できるかどうかは、どれだけ信用されて多くの人に利用されている店かですね。


じゃあどこのお店で魚を選べばいいの?って聞こえてきますね。じつはあるんです。お客がなんと20万人!!多くの人たちの支持の理由は「食材のおいしさと、その安全・安心感」です。ゆっくりスーパーで見極めする時間の取りにくい管理人も常連さんですね



ママも使っている節約レシピブックは食費削減には必須ですよ!!我が家のように食費15,000円も簡単です♪






家計簿の成績アップ


光熱費を節約
 電気代節約
 ├水道代節約
 ガス代節約
生活雑貨費の節約
交通費の節約
通信費の節約
保険代の節約
 ├生命保険の節約
 車の保険の節約
食費との戦い
定番レシピ
定番レシピその2
節約リメイクレシピ
豚肉節約レシピ
鶏肉節約レシピ
ひき肉節約レシピ
魚節約レシピ
 └魚を選ぶポイント
豆腐節約レシピ
ご飯節約レシピ
汁物節約レシピ


節約レシピブック


家計簿で快適節約暮しへ