予算の立て方
家計簿で快適節約暮し>予算の立て方

予算の立て方は人それぞれだと思います。節約の本を見たら、羨ましい数字ばかりが並んでますよね。家もこんな予算で生活出来たら・・・。しかし、実際その人たちは、かなりの努力でそこまで出来たんだと思いますよ。


まずは、我が家で今の予算になるまで続けていた方法を紹介しますね♪

予算の立て方

いきなり『じゃあ家計の予算を立てて下さい』って言われても、いくらで立てればいいかなんて分からないですよね・・・。




まずは1ヶ月家計簿をつけながら生活してみてください。そうすればなんとなくお家の家計の状況が分かると思います。それをベースにして下さい。




例えば今、あなたのお宅の食費が4万円だとします。節約の本で『食費が3万円』などと書かれていても、すぐに真似をしないで下さいね。それが続かない人の陥るワナなんですよ・・・。




無理な予算は結局続かないんですよね〜。最後には『もういいや!!』って投げ出しちゃいます。私にももちろん経験アリです・・・。ですから、今の家計をベースにしましょう。そこから少しずつ改善しましょう。




まずは当面の目標として、5%削減を目指してください。上の例なら、来月の食費は38,000円で。今月の数字に0.95を掛けた予算で組んでみて下さい。




これで組んだ予算に対して、大きく使ったお金が下回る項目は、その次の月に思い切って削減しちゃいましょう♪逆に大幅にオーバーするものは、無理があるので増やします・・・。




このようにして、『ほんの少し背伸びすれば届く的な予算(笑)』を設定するのです。達成する喜びを体に染み付けるのが一番のモチベーションですね♪




パパ『我が家の予算はかなりきっついと思うんですが・・・。特にパパのお小遣い!!賃金アップを〜』。・・・まあパパの戯言はほっといて、続いて、口座の管理について考えましょう。




   →口座の管理へ

家計簿を使った節約暮し


家計簿を始める前に
家計簿の考え方って?
予算の立て方
口座の管理
袋分けの強み
家計簿を長く続けるには
特別費の考え方
プール金で備える
家計簿の具体的な流れ
まずは給料の確認
固定費の振り分け
流動費の振り分け
月末の反省
来月の家計簿の予算組み


家計簿で快適節約暮し