加齢臭には資生堂で対策

加齢臭には資生堂で対策を

加齢臭には資生堂で対策をということで、加齢臭には資生堂で対策を練りましょう。

 

しかしなぜ加齢臭には資生堂なのでしょう?

 

2000年12月11日に、資生堂の研究所により、中高年特有の体臭の原因が不飽和アルデヒドの2-ノネナール(C9H16O、分子量 140.223 g/mol、CAS番号 2463-53-8)であることが発見され、この体臭を資生堂により「加齢臭」と名付けられました。

 

そうなんです。加齢臭について最も最初に気がついたのは資生堂なのです。

 

ノネナールは、9-ヘキサデセン酸という脂肪酸が酸化し分解されたもので、皮脂として皮膚に分泌され、青臭さと脂臭さを併せ持ちます。

 

中高年になると発するようになるのは、40歳を過ぎたころから脂肪酸分泌量が増加すのと、年齢とともに抗酸化力が低下するためです。脂っこい食事などの食習慣も原因になります。加齢臭が、女性よりも男性のほうが強いのは、男性の方が皮脂の分泌量が多いということに関係があります。

 

年を取れば自然とそうなるわけではなく、なるべくしてなっているということ。科学的にも証明されているんです。もちろん誰もが大なり小なり影響を受けているのです。

 

加齢臭には資生堂で対策をしていく理由は、資生堂がこの分野での最先端であるからです。自分達の実験により発見したのですから、他の会社に比べるとやはり的確な対処をしているのです。

 

では加齢臭対策を資生堂で行ってみましょう。

加齢臭には資生堂で対策をエントリー