二の腕痩せのメカニズム

さて、まずは二の腕痩せのためのメカニズムの紹介です。

まずは、二の腕痩せのためのメカニズムをきちんと理解してから引き締め運動を始めましょう。

なぜなら、二の腕痩せのためのメカニズムを理解していないと、無駄な運動になったり、逆効果になったりするおそれがあるからです。

スポーツ選手でも、筋トレなどの際は、必ず意味を理解した上でおこなっているんです。動きや意識も合わせると、全く効果も変わりますから。

しっかり理解しましょう。

>>部分痩せの仕組みはこちらを実践する上でも必要です!!間違った二の腕痩せをしないで下さい

まずは・・・

二の腕というのは、ヒジより上の部分を指しています。

この部分の筋肉は腕の内側にある「上腕二頭筋」と、外側にある「上腕三頭筋」の2つから成り立っています

みなさんが気になっている二の腕は、外側の上腕三頭筋と呼ばれる部分のことなんです。

しかし、腕を曲げて、力こぶを作ってみても、上腕二頭筋の部分は固くなっても、なぜか上腕三頭筋、つまり二の腕の部分は、たるんだままですよね。それってどうしてなんでしょうか?

上腕二頭筋は、腕を曲げたり、モノを持ち上げたりする時に使います。日常では圧倒的にこちらを動かして使うことが多いんです

上腕三頭筋は、意識して使わないと、あまり使う機会がありません。物を押すという行動は、意識しないとなかなかやらないものですから。

自然に鍛えられるものとそうでないもの・・・。どっちが引き締めに効果があるか分かりますよね?

ですから、どんどん使っていかないと、二の腕にはどんどん脂肪が付いてしまうんです。

簡単ですが、二の腕について理解していただけましたか?二の腕の働きと動きを理解したうえで、二の腕痩せに励みましょう。

今日は二の腕やせのメカニズムについてでした。

>>部分痩せの仕組みはこちらを実践する上でも必要です!!間違った二の腕痩せをしないで下さい

メイン | 二の腕引き締めはシンプルが一番 »