シミ取りの口コミ、レーザー治療

シミ取りの口コミ情報です。レーザー治療に関する口コミを紹介します。


マリンスポーツが好きで頻繁に海に行くせいか、日焼けが原因(たぶん)のシミが目立つようになってきました。小さい物がポツポツとあって悩んでいます。肌も荒れぎみなんですけどレーザーでシミ取りをしても大丈夫でしょうか。普段は日焼け止めなどはしない事が多いです。


お肌も荒れぎみという事でしたら、レーザー治療よりもフォトフェイシャルの方をお勧めします。また、日頃から日焼けには十分気をつけて、日焼け止めを使用する等の対策をされた方が良いでしょう。


つまり、シミ取りも必要ですが、その前にしっかりとした日焼け対策が必要ということです。レーザー治療は肌の状態によって出来ることと出来ないことがありますので、注意してください。


妊娠中なのですが、シミ取りのレーザー治療は行えますか?


はい。施術はできますが・・・


シミ取り口コミ情報、治療について

シミ取りの口コミ情報をどんどん紹介していきます。


今回も前回に引き続きよくある患者さんからの質問を紹介しますね。皆さんもなかなか人に聞けない部分だと思いますので、シミ取りの口コミ情報をしっかりとご覧下さい。


シミ取りの口コミ情報で今回紹介するのが、治療とその後の部分ですね。治療後はどんな状態なのか?色んなところで気になります。


レーザー治療によるシミ取りに関する口コミ情報です。


●治療後には内服のお薬や、塗り薬などのケアは必要なのでしょうか? またあるとしたら、どの程度の期間でしょうか?また術後してはいけない事や注意する事はありますか?


レーザーによる治療後、3日間は抗生剤の服用(朝・夕食後)と軟膏を処方しますが、レーザーフェイシャル、フォトフェイシャルの治療後の薬の処方はありません。それぞれの治療間隔を守って頂き、できれば直射日光など避けて頂くなど、基本的な点にはご注意下さい。


これはよくある質問ですが、治療後は、直射日光はなるべく避けるのが基本です。絶対に言われると思いますよ。せっかくの治療が台無しになっては意味がありませんから。


●レーザー治療は出血や傷などいわゆる外傷は残りませんか? あと火傷などの心配はないんでしょうか?

治療後の注意事項をしっかり守っていただければ、一時的にほてった様な感じを受ける事はありますが、外傷・火傷などの心配はありません。もちろんほてった感じも個人差がありますが、ほとんどの方は問題ないレベルだと思います。


なるほど・・・


シミ取りの口コミ情報

シミ取り口コミ情報を紹介していきます。


今回はよくある患者さんからの質問を紹介しますね。皆さんも気になる部分だと思いますので、シミ取り口コミ情報をしっかりとご覧下さい。


シミ取り口コミ情報で多くあがるのが、シミ取りの内容の部分ですね。知らないで受けるわけにはいきません。内容を確認したうえで治療しましょう。


レーザー治療によるシミ取りに関する口コミ情報です。


●レーザーを使った、シミ取りとフォトフェイシャルは、どんな違いがありますか?


フォトフェイシャルは顔全体に当てていくのに対し、レーザーは1つのシミに対して集中して行うものです。
フォトフェイシャルの効果はシミ・毛穴・毛細血管・肌のハリ・ツヤなど広範囲なものに対して、レーザーはシミのみに効果があり、フォトフェイシャルでは施術できない目の周りなどの細かい所にも使用できます。


ようするに、1点集中型のものと広範囲での治療に向いているものの両方があると言うことですね。御自身の用途に合わせて使い分けることが可能なんです。


●普通のシミをひとつ消すのに、どれくらい時間がかかりますか? また痛みはどんな感じですか?


治療方法により異なります。レーザーによるシミ取りの場合、治療には麻酔のクリームを塗布し、その効果の時間までお待ち頂き、治療中も麻酔ガス(笑気麻酔)を行うなど、特に当院では痛み除去に努めています。痛みはゴムでパチンとはじいた感じと言う方が多いようです。


なるほど・・・


シミ取りを皮膚科でやってみる

シミ取りのための情報です。今日は皮膚科での実際のやりとりを紹介。


今はなんと言っても、顔の一番目立つ5ミリくらいの茶色のシミを取りたい!顔の中心にあるから、どうしても目が行くんですよね。


顔のシミを取りたいと皮膚科で実際にシミ取りに挑戦です。皮膚科はあまり行ったことが無いので少々どきどきしますが。


皮膚科は医学的にも認められていますので、初心者の私には皮膚科が一番かと思い、挑戦しました。もちろんエステでも出来るんですが、あんまりわからなかったので、信用第一で皮膚科に行きました。


皮膚科でレーザーのシミ取りをすると、基本的には自費治療になります。


顔のシミ取りの範囲にもよりますが、皮膚科での診療の方が、案外安く付くことがあります。


私の場合ですが、5ミリの三日月型のシミで、6000円(初診料込み)でした。これが高いか安いかは皆さんのお財布次第ですが。ただ、コンプレックスが無くなったので、私にとっては満足です。


ただ治療なのでリスクもあります。説明を受けて、承諾書にサインもします。そういう意味で皮膚科の印象とか対応も大切。色んな皮膚科の情報を集めておかなくてはいけませんね。


電話でだいたいの目安の料金は答えてくれたりするので、聞いてみるといいかもしれませんね。実際のところは、治療前に再度目安金額を告げられて、最終的に治療後レーザーを発射した回数で決まります。


私の実体験からすると、最初に言われた発射回数プラスマイナス1回くらい。シミ取りレーザーは光なので、あたる感じ(おそらく腕も関係しますね)によって増減するらしいです・・・。


何にしても・・・

シミ取りは皮膚科で

シミ取り は皮膚科でと言うことで、皮膚科でのシミ取りについての詳細です。


皮膚科や病院などでレーザー治療を受けることができるのですが、このレーザーは治療は皮膚・お肌のしみの原因になっているメラニン色素の黒い部分に反応して、シミ取りを可能にすることができます。


皮膚科でのレーザー治療によるシミ取りは、お肌を痛めることもなく安全に施術することができ、術後にかさぶたや色素沈着になることもありますが、紫外線に当たらないように気をつけておけば数日でキレイなお肌になります。


しっかりとケアしておけば問題ないと思います。


皮膚科ですのでもちろん専門家ですし、多くの症例を見ていますので、アドバイスも的確です。美容という部分だけの考えではなくて、医学的なアプローチですので、とても参考になります。


恐らく、多くの人が不安に思っているのではないでしょうか?でも皮膚科は医療の分野ですから、それに基づいている所が信頼のおける所ではないでしょうか?


もちろん・・・

レーザーでシミ取りって

シミ取りの治療をお考えの方に一番身近な方法が、レーザー治療による顔のシミ取りではないでしょうか?


皮膚科や病院、エステなどでレーザーシミ取りができるのですが、このレーザー治療は皮膚・お肌のシミの原因になっているメラニン色素の黒い部分に反応して、シミ取りを可能にすることができるのです。


これはシミ取りだけでなく、そばかす・にきび跡・アザなどの治療にも、現在はレーザーが幅広く使用されており、美容系のエステなどでもレーザーは使われていたりします。顔に使う化粧品以上に即効性が高いと思います。


レーザー治療によるシミ取りは、お肌を痛めることもなく安全に施術することができ、術後にかさぶたや色素沈着になることもありますが、紫外線に当たらないように気をつけておけば数日でキレイなお肌になるります。


レーザー治療の痛みに関してはゴムで弾かれた程度の痛みはあるようです。ただ、そこまでの痛みでは無いですし、レーザーを使うことで確実になくなっていきます。


基本的にどんな人でも施術できるとのことですが・・・

シミ取り用化粧品って

シミ取りの対策をする為には、原因物質の紫外線をカットすることが何よりも先決になりますので、化粧品を使用して紫外線対策を行なうようにしましょう。


前回も書きましたが、化粧品を使ってまずは予防(出来ないようにする)事からスタートです。


シミ取りに使う化粧品は日焼け止めやサンスクリーン剤などの、UVケア効果のある化粧品を使用するのですが、これらの化粧品は紫外線から肌を守る役割を果たしてくれます。


日差しが強い時だけでなく、外出する時は必ずシミ取りの予防にこういった化粧品をつけるように心がけてください。


日差しが弱いからと言って、つけないと後で大事になりますよ。紫外線の強さ=紫外線ではありませんので。こちらも基本ですので覚えておいてください。


ポイントとしては、悩まれている方に結構多いのが、夏はしっかりとUVケアを行なうが、それ以外の季節は無頓着という方が多いのですが、紫外線というのは1年中降り注いでいるどころか、建物の中に入ったとしても窓を通して紫外線を受けてしまうということですので、予防・対策する為には常に紫外線を意識するようにしましょう。


また、基本的に予防できる方法として・・・

顔のシミ取りでの注意点

さて、シミ取りについてです。


顔は特に紫外線を浴びる部分であり、出来やすい環境にあると思います。そのほかの部分は服を着ていたりで守られていますから。シミ取りの中心部分です。


当然皆さんも顔のケアはしっかりとしていますよね?ドキッとした方もいるのでは?


もちろん他の皮膚でも出来るんですが、洋服等によって、有る程度守られた状態にあります。顔は・・・全くの無防備ですよね?


ですから、顔のシミ取りの前に、しっかりと紫外線を予防しておきましょう。もちろん顔のシミ取りが終わった後でも、ケアには必要なんですよ。


後、よく誤解している人が多いのですが、夏だからUVカットの日焼け止めを塗っている人がいるようです。


もちろん直接焼ける感覚では夏のほうが厳しいように思えます。


ですが・・・

シミ取り、シミの原因は

シミ取りの前に、しっかりと原因を覚えておきましょう。


でなければ、シミ取りどころか、肌のお手入れも満足に出来ませんしね。


シミとは紫外線などが原因になってしまって、色素沈着によって皮膚の表面が茶色・褐色色にお肌が変化してしまう状態のことを指します。


特に現代では、紫外線の力は強く、多くの人がこの症状に悩まされています。オゾン層の破壊によって、環境はさらに悪くなるばかり。


シミを引き起こす原因については紫外線によって、人間の体のメラニン色素が増大することによって、お肌の表面上にシミができるということになるでしょう。


また、シミというものはお肌・皮膚の表面に現れていなくても、皮膚の下で育っているという状態もあり、時間経過・加齢とともに徐々にしみとして現れる可能性もあります。


だから、いつ誰におきてもありえる話なんですよ。


現在は様々なシミ取りの方法や、皮膚科でのシミ取りの治療法、またシミ取りの化粧品・グッズなども多数存在します。


それらの情報を掴み、利用することでシミ取りを実現することは可能ですので、今現在シミ取りに悩まされている方・そうでない方も、しっかりとできる限りのシミ取り対策やケア・治療を行いましょう。


そして・・・・

シミ取りの前に種類を検証

シミ取りは女性にとって最大の悩み・・・


まずは、シミ取りを行う前に、しっかりと勉強しておきましょう。


年齢からくるもの、お手入れ不足からくるもの、様々な原因があります。


まず、1つ目として、紫外線にあたることで表皮にある基底層のメラノサイトが色素を作るからで、いわば日焼けした状態です。お肌では、それがシミとして出てきます。


その中でも種類がいろいろとあります。簡単に紹介しておきます。シミ取りはそれからコツコツ行いましょうね。


・老人性色素斑

シミの中でも、老化現象による老人性のものです。
円形のことが多く、顔の他、手の甲などにも出現することもあります。老人性と言っても、20代から出現することもあり、紫外線を多く浴びることでできやすくなっています。


・大田母斑

生後間もなくか青年期にできるしみ。顔面の眼周囲にできることの多い褐青色斑。
遅発性大田母斑様色素斑は、中年以降の女性に左右対称性にできます。色素が、皮膚の比較的深い真皮にあり青く見えるしみです


・雀卵斑(じゃくらんはん)

そばかす(ソバカス)の事です。顔、手、背などに思春期頃から目立つ粟粒大の褐色斑。


もちろん他にもありますが、代表的なものです。出来やすい部分として、顔、肌、唇、背中などが挙げられます。顔ではそばかす(ソバカス)もですね。


しかも・・・