シミ取り、シミの原因は

シミ取りの前に、しっかりと原因を覚えておきましょう。


でなければ、シミ取りどころか、肌のお手入れも満足に出来ませんしね。


シミとは紫外線などが原因になってしまって、色素沈着によって皮膚の表面が茶色・褐色色にお肌が変化してしまう状態のことを指します。


特に現代では、紫外線の力は強く、多くの人がこの症状に悩まされています。オゾン層の破壊によって、環境はさらに悪くなるばかり。


シミを引き起こす原因については紫外線によって、人間の体のメラニン色素が増大することによって、お肌の表面上にシミができるということになるでしょう。


また、シミというものはお肌・皮膚の表面に現れていなくても、皮膚の下で育っているという状態もあり、時間経過・加齢とともに徐々にしみとして現れる可能性もあります。


だから、いつ誰におきてもありえる話なんですよ。


現在は様々なシミ取りの方法や、皮膚科でのシミ取りの治療法、またシミ取りの化粧品・グッズなども多数存在します。


それらの情報を掴み、利用することでシミ取りを実現することは可能ですので、今現在シミ取りに悩まされている方・そうでない方も、しっかりとできる限りのシミ取り対策やケア・治療を行いましょう。


そして・・・・

シミ取りの前に種類を検証

シミ取りは女性にとって最大の悩み・・・


まずは、シミ取りを行う前に、しっかりと勉強しておきましょう。


年齢からくるもの、お手入れ不足からくるもの、様々な原因があります。


まず、1つ目として、紫外線にあたることで表皮にある基底層のメラノサイトが色素を作るからで、いわば日焼けした状態です。お肌では、それがシミとして出てきます。


その中でも種類がいろいろとあります。簡単に紹介しておきます。シミ取りはそれからコツコツ行いましょうね。


・老人性色素斑

シミの中でも、老化現象による老人性のものです。
円形のことが多く、顔の他、手の甲などにも出現することもあります。老人性と言っても、20代から出現することもあり、紫外線を多く浴びることでできやすくなっています。


・大田母斑

生後間もなくか青年期にできるしみ。顔面の眼周囲にできることの多い褐青色斑。
遅発性大田母斑様色素斑は、中年以降の女性に左右対称性にできます。色素が、皮膚の比較的深い真皮にあり青く見えるしみです


・雀卵斑(じゃくらんはん)

そばかす(ソバカス)の事です。顔、手、背などに思春期頃から目立つ粟粒大の褐色斑。


もちろん他にもありますが、代表的なものです。出来やすい部分として、顔、肌、唇、背中などが挙げられます。顔ではそばかす(ソバカス)もですね。


しかも・・・